外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

「夏は涼しく、冬は暖かい」快適に暮らせる外断熱の家

外断熱の家「Kurumu」の性能など、詳しくは以下をご覧ください。

内側からも断熱する、外内ダブル断熱の家

ダブル断熱工法って?

従来の内断熱工法と外断熱工法を組み合わせた、ハイブリッド断熱です。

ダブル断熱とは、建物の構造躯体に対して外断熱(外張断熱)と内断熱の断熱材施工を施したことであり、ダブル断熱は両方のメリットや長所を盛り込んだ工法であるところから、ハイブリット断熱と呼ばれることもあります。
ダブル断熱は従来の断熱工法より遥かに気密・断熱性能が向上し、外断熱工法のメリットでもある内部結露を防ぐ機能もしっかり受け継いでいるので、高気密化・高断熱化のバランスがとれたハイクォリティーな断熱工法といえます。

気密・断熱性能がさらに向上。

断熱材は、内側も外側も高品質の硬質ウレタンを採用することで、高い気密性・断熱性を実現しました。

硬質ウレタンは、ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状の断熱材で、細かな独立気泡で形成されており、
一つ一つの中に熱を伝えにくいガスが封じ込められているため長期にわたり、とても優れた断熱性能を維持します。

※施工地域により、仕様が異なる場合があります。詳しくは係員にお問い合わせ下さい。

コスパを最大限活かせる、キューブ型の家

外断熱を気軽に取り入れられる「キューブ型」の家

従来の家に比べて、経済性・快適性・安全性など多くの面で優れている外断熱の家をもっと手軽にもっと多くの人に住んでいただきたい。
そんな想いから外断熱工法を標準仕様とし、外断熱の基本性能とコストパフォーマンスを最大限に活かせるキューブ型のフォルムを採用いたしました。
お客様の暮らしに合わせて間取りや設備を必要な分だけご自由にお選びいただくことのできるエコハウス「KurumuCube」が誕生しました。

フリープランなので、お客様のご要望をしっかりと採り入れます。

子育て世代のママの声でできた、子育てに最適な環境の家

すこやかな育みとあんしんをプラスした「子育てKurumu」、できました。

子育て世代のご入居者1,000人の声を集めご意見をいただき、生まれた新しい住まいです。

外断熱の家「Kurumu」の基本性能はそのままに、お子様がすくすく育つため、「水環境」「空気環境」「建材」「床材」「建具」に配慮いたしました。

すこやかな「水環境」

毎日の飲み水はもちろん、髪やお肌にもやさしい安心の水を作り、お風呂や洗面など家中どこでもたっぷりお使いいただけます。
家族みんなの健康と安心を目指しました。

すこやかな「空気環境」

気密性の高い住まいのこもりがちな空気や湿気を換気。
熱交換器の働きで、夏涼しく冬暖かい、室内の温度と湿度に近づけた空気を給気をします。
10μm以上の粒子を80%以上除去し、いつも空気はキレイに。

※2μm以上の粒子を95%以上除去する「高性能フィルター」もございます。(オプションです。詳しくは係員にご相談下さい。)

24時間計画換気に加え、「空気を洗う壁紙」も採用。
生活臭や有害物質の原因物質を半永久的に吸着・分解、消臭しつづけ、クリーンな空気環境でお子様やご家族の健康を気づかいます。

あんしんの「床材」

まだ歩行が不安定な小さいお子様は、クッションフロアや一般的なフローリング等では足が滑って思わぬケガをしてしまう場合があります。
コルクフロアは滑りにくく、衝撃を和らげる特長がありお子様の遊びスペース等の床材にぴったりです。
またコルクは他の木材より腐食しにくく、ダニなども寄せつけず、毛羽立たずホコリも出しにくいのでアレルギーになりにくい建材です。

すこやかな「健康素材」

今の畳のほとんどが、畳表は合成樹脂や塩化ビニル製、畳床には科学建材が使用され、空気中に化学物質が揮発します。
天然のい草やわら床の場合も残留農薬が心配です。さらに殺虫剤で防虫処理され、ヒ素やカドミウム等で着色されています。
天然素材畳「健やかくん」は高級和紙を加工した新素材の畳表と木材を繊維化したタタミボードを使っています。
高温熱処理滅菌でカビやダニの発生を抑え、耐久性に優れた人と環境にやさしい畳です。

あんしんの「建具」

安全と思われる家の中にも危険はいっぱいです。
0歳から6歳児までの家の中での事故原因の上位にドアの指づめがあります。
そこで家中の建具に引き戸やソフトクローズ機能を搭載したドアを採用し、すみずみまで安全の対策を行っています。

天然無垢素材にこだわった、木の温もりを感じる家

天然無垢材の恵みを存分に活かした家づくり。

人はなぜ木の家に親しみを覚えるのでしょう。
ぬくもりを感じられるから。気持ちが和らぐから。確かにその通りですが、もっと根本的な部分で人と木はつながっているからではないでしょうか。
歴史を振り返れば、もともと人は自然の一員として生まれ、自然環境とのかかわりの中で進化を遂げてきました。
他のものでは代えがたい心地よさを木の家に感じるのは当然だといえます。
高度に発達した現代社会に、スローライフやロハスといった発想で人本来の暮らしのあり方を問う動きがみられるように、今、木の家のよさも見直されています。

弊社では、特に天然無垢材にこだわり、木が本来備えている多彩な特性を十分に発揮できる住まい「木ごこちの家」を誕生させました。
住戸内の快適性から外観のデザイン性まですべてに配慮をつくし、上質の住み心地を創出する住まいとしてお届けします。

無垢の特長:調湿効果

大きな働きのひとつが調湿機能です。
無垢の木材には、室内の湿度が高まると湿気を吸収し、室内の空気が乾燥してくると水分を放出して湿度を一定に保とうとする性質があります。木の家の空気が気持ちいいのは、この天然の作用があるからです。
ビニールシート貼りの室内では湿度が屋外同様大きく変動するのに対し、内装に木を使用した室内では湿度が約50%程度の環境の下では、空中を浮遊する菌が死滅しやすく、カビやダニの原因となる結露の発生も抑制されます。

無垢の特長:癒し効果

天然無垢材が漂わせる木の香りは、住まいに爽やかさを演出するだけでなく、心を癒す効果ももたらしてくれます。
天然無垢材が発散する香りの主な成分は、森林浴でリラックス効果を生むものと同じ「フィトンチッド」です。木の香りに包まれた家で過ごせば、フィトンチッドの働きによってストレスが抑制され、血圧が下がり、脈拍も落ち着き、さらには作業能率も向上するといった効果があることが実証されています。

無垢の特長:視覚効果

木目には、その木が永い歳月を生きてきた歴史を物語る個性豊かな表情があります。そこに刻まれた不規則なリズムには、四季の移ろいや気候の変化によってもたらされた自然な「ゆらぎ」が存在しています。この「ゆらぎ」が人間の生理機能と同じリズムであることから、脳波への心地よい影響があるようです。
さらに、木肌は紫外線の反射が少なく目にやさしいほか、波長の長い光を多く反射するのであたたかい印象を与えます。
また、天然木には時を経て趣を深める経年美化という特性もあります。施工時には明るく爽やかなイメージの色調であったものが、あめ色へと変化し、温かみを増し、和みの印象を与えるようになります。

無垢の特長:健康効果

木の床はダニ知らずといわれます。
これは、木の香りに「精油」という成分が含まれていて、防ダニをはじめ、消臭、抗菌、抗カビなど、さまざまな作用があることが確認されています。
また、人体に有害な紫外線を吸収。目や肌への刺激を少なくする働きもあります。小さなお子様のアレルギー疾患などの不安も解消します。

無垢の特長:接触効果

触れたときの温もりを感じられるのが木ならではの長所。これは、熱伝導率が低く、熱を伝えにくい性質を持っているためです。熱伝導率が高い鉄やコンクリートに触れたときに「ひやっ」とするのは、手の熱がすぐに奪われてしまうからで、木の場合は熱が奪われにくいので温かく感じます。
木の断熱性能は、「鉄の約440倍」「コンクリートの13倍」。この高い断熱性能が、夏は涼しく、冬は暖かいという木の家の性能を生み出しています。また、木肌を直に触れるとリラックスできるという「安らぎ効果」があることも科学的に立証されています。
コンクリートの床を歩くより、木の床を歩く方が快適なのは、衝撃吸収性の違いによるものです。木はパイプ状の細胞の層でできているので、表面の層から徐々に衝撃を吸収。クッションの効果を発揮し、疲労やケガの軽減にも役立ちます。

無垢の特長:音響効果

天然無垢材には、高音・中音・低音をバランスよく吸収してほどよい残響音を残すといった特性があります。劇場やコンサートホールなど、音の響き方に気を遣う場所に天然無垢材が多く使われているのはそのためです。
一般の住宅でも内装材として使えば、音や声がまろやかで聴きやすくなるので、より落ち着いた雰囲気で家族との会話ができ、オーディオでの音楽鑑賞などもいっそう心地よく愉しめます。

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ