外断熱の家「Kurumu(クルム)」と他社外張り断熱工法・外断熱工法との比較

外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

屋根はもちろん、基礎までも断熱材で覆った“外断熱の家「Kurumu」”

“外断熱”という言葉は、一般に広く浸透してきています。ですが、外断熱とひとことで言っても、その工法には明確な定義がありません。
供給各社が多種多様な工法で、外断熱住宅を施工しています。
そこで、数多くの外断熱工法の中から、比較のためにいくつかピックアップいたしました。

“外断熱住宅”供給各社の工法比較 概略断面図

断熱材の組み合せや張り方はまちまちですが、各社とも“外断熱”と呼んでいます。

“外断熱住宅”概略断面図

屋根から壁面、基礎部分まで
プラスチック系断熱材
全体を覆うことがもっとも効果的と考えました

壁面はプラスチック系断熱材
天井・床下は無機繊維系断熱材
基礎部分は通風可能

壁面は無機繊維系断熱材
屋根・床下はプラスチック系断熱材
基礎部分は通風可能

壁面はプラスチック系断熱材
屋根はプラスチック系+無機繊維系断熱材
床下は無機繊維系断熱材

壁面はプラスチック系+無機繊維系断熱材
天井は無機繊維系断熱材
床下はプラスチック系断熱材

家全体を有効活用できる“外断熱の家「Kurumu」”

一般に夏場の屋根裏はかなりの熱が蓄積するため、そのままではなかなか快適に利用することができませんでした。
そこで、外断熱の家「Kurumu」は、屋根部分まで断熱材ですっぽりと覆い、一年を通して快適に有効活用できる屋根裏としました。
また、基礎部分にも断熱材を施工することで、床下も外気の影響を受けることなく、温度・湿度も室内と近い状態に保つことができるようになりました。
清潔さを保ちやすくなった床下は、カビの発生を心配することなく、座布団や本なども安心して収納していただける大きな収納スペースも確保できます。

Kurumuの屋根裏・床下有効活用写真

“断熱方法の比較”まとめ

“室内に近い構造体は適温だが、屋根の近くでは高温”という状態は、構造体をひとつのものとして捉えたときに、決して良い状態ではないと考えます。

ココがポイント!

“外断熱”とひとことで言っても、その断熱方法は各社さまざまなので、仕組みをよく理解し、用途に合わせて選ぶことが必要

“外断熱の家「Kurumu」”は、家全体の室温と湿度が一定に保てるので屋根裏から床下まで有効活用できます。

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ